アイディア

フリポップエキスポへの提言

2013年10月2日

1241067_10151889327731248_533645871_n

ムイットボンも商品を出させていただいている「フリポップエキスポ」ですが、8日で終わってしまいます。
大阪に行く事は出来ないので、写真で売り場を拝見しましたが、こんなに障がい者福祉の商品が一堂に会した売り場はスゴいと思います。
※お近くの方でまだ行ってない人は行った方がいいですよ!
 
写真や報告等を聞いて思ったのですが
「障がい者の作った雑貨」をジャンル化した方がいいのではないでしょうか?
フリポップエキスポがジャンル化で切るチャンスかもしれません。
 
雑貨はのビジネスモデルは一言で言うと「薄利多売」だと思っています。
「社会現象としての流行」を作るのではなく「状況としての流行」をつくって、商品の鮮度が続く短期間で商品を売り切るビジネスモデル
 
ここからは妄想になります
 
1 フリポップエキスポに参加した70の作業所でひとまずブランドを作る
2 半年ごとに参加作業所の10%くらいの作業所の商品がリニューアルをする
3 売り場の商品構成をつくる
 
結果
・売り場には定番化した固く売れる商品と、新しい挑戦的な商品が同居する売り場が出来る。
・量産できない作業所でも無理なく参加できる
 
メリット
作業所のメリット:いつもの工賃に+ボーナスがでる(常に商品が売り場にでる訳ではないので)
障がい者福祉業界のメリット:影響力のあるマーケットが常に持てる
市場のメリット:常に新鮮で売り上げが見込める商品が提供される。あと社会的意義も(定番商品が売り上げの担保になる)
 
リスク
・前例がない(成功するかわからない>作業所への説得が大変)
・マーケットへの影響力が未知数
・福祉作業所の足並みを揃えるのが大変
 
これを行動に移すためには
障がい者福祉業界でちゃんと音頭をとって、一人のプロデューサー的な立場の人をたてる必要があります。
プロデューサーの仕事は
・「障がい者の作った雑貨」ブランドの方向性を決める
・リニューアルの方向や商品構成を考える
・参加作業所商品の品質管理
・営業
 
プロデューサーが自由な裁量と行動が出来るだけの資金を参加作業所側が提供できれば、出来るのではないでしょうか?
(参加作業所が年間いくらかのお金を出し合えば可能?)
ここまで書いて思いましたが、
プロデューサーは、マジ◯ルカさんが適任だと思います。
妄想ですよ、妄想…

このページの先頭へ