障害福祉事業所スタンプラリー

2014年7月21日


stmp1_ページ_1
さてさて暑くなったり涼しくなったり夏本番が近づいてきました。
今年の夏もやります!
スタンプラリー!!
夏に横浜市中区本牧地区の10の障害福祉事業所を巡るスタンプラリーが7月22日より始まります。
今年で3年目!
ムイットボンはデザイン・広報で御手伝いさせていただいています。
初めは手探りでしたが、3年続くとだんだん地域でも認知されて来たようです。
地域の商店街、小学校の協力も得られ今年はいい感じです。
期間中に
・障害福祉事業所を車椅子で巡る事業所ツアー
・オリジナルうちわを作るワークショップ
とういう、イベントもあります。
この機会に障害福祉事業所の見学&体験をしてみてください!
今年のスタンプ代は台形のうちわです!!
IMG_3528

このページの先頭へ

新商品紹介 ーsolヘアゴムー

2014年7月15日


こんにちは
大きな台風もすぎて今年も暑くなって参りました。
今日はムイットボンの新商品の紹介です。

 

solへアゴム

ムイットボンの定番商品にsolシリーズにヘアゴムが加わります。
sol(ポルトガル語で太陽の意味)なので中央に太陽のマークの切り抜きを作りました。
素材は牛革とフェルトのコンビです。
季節は夏と言う事もあって牛革をチョイスしました。
太陽の切り抜きからフェルトが見えているバージョン
2
太陽の切り抜きで違う色の牛革のコンビのバージョン
2
ヘアゴムのゴムもツイスト・ぽこぽこ・チェックと3種類あります。
2

 

季節は夏と言う事もあって牛革をチョイスしました。

革の商品は初めてですが、障害のある方でも作れるように工夫しました。
いままでソルブローチやスカーフピンを作ってくれている障害福祉事業所でも問題なく作っていただいています。
暑い夏は長い髪をヘアゴムでまとめてスッキっと明るく行きましょう!

 

※商品はムイットボンオンラインストアで購入できます。

mbs_banner

このページの先頭へ

ネットショップ オープン!

2014年7月7日

webstore

ムイットボンのネットショップがオープンしました!
長らく「ネットでは買えないの?」という声を多くの方にいただいて来ましたが、、、、
7月からオープンです。
 
トップページには商品開発等で関わりのある障害福祉事業所の紹介欄もあります。
まだ、商品の種類も少ないですが、これから増やしていく予定です。
ネットショップの企画も水面下で進んでおります。
 
暖かいまなざしで、おつきあいいただけるとありがたいです。!
ムイットボンウェブストア
http://store.muitobem.jp

このページの先頭へ

京都伊勢丹 出品してます

2014年7月6日


IMG_3497
皆様ご不沙汰しております。
今日はお知らせです。
 
もう始まってしまっていますが、7月2日から京都伊勢丹での催事「マジェルカatジェイアール京都伊勢丹」に参加しています
場所:京都伊勢丹5階の「解放区」
日時:7/2(水)~7/15(火)
 
ムイットボン1年ぶりの新商品も店頭に並んでいます
ソルがついているヘアゴムです。
お近くにお寄りの際は是非お寄りください。

このページの先頭へ

第1弾ヒントセミナー 大盛況!

2014年5月19日


DSC_3434
ヒントセミナーが無事に終わりました。
セミナーのテーマを絞りに絞って、話の内容も現物、実際にあった事しか話しません。
希望とか将来の展望とかヌルい事を話す時間も1秒もありませんでした。
マジェルカさんがブログで書いている通り、「参加者が集まるのか?」と企画しながら危惧していましたが、、、
蓋を開けてみれば大盛況でした。
肝心の内容については参加者の方がFacebookにとても素敵な感想をのせていましたので、転載させていただき終わりたいと思います。
以下、転載
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
早起きは三文の徳
というわけで、本日マジェルカムイットボンさん主催のセミナーへ参加しました。
セミナーには施設職員のみならず、様々なジャンルの方が参加されていたようです。
内容は先日のヒカリエ販売から見る商品の分析で、具体的な数字を元に売れた品と売れない品のポイントをわかりやすく教えてくれました。
わたしもヒカリエ販売を少しながらお手伝いしてみて、プロのお店さんがどのように売り場を分析されていたかとても興味深かったので、今回のセミナーは自分自身へのフィードバックにもなりました。
そして改めてモノを作る、売る事のむずかしさを感じ、施設のなかだけでそしてド素人の集団だけでは無理だと痛感させられたのです。
もちろん、ものづくりに携わっているどの施設もあれやこれやと日々知恵を出し合って頑張っている事と思いますし、うちもその中の一つなのですが、問題はその [頑張りどころ]。
見えない闇の中でただひたすらに動き回っても体力を消耗するだけで中々出口をみつけられません。しかし、そこにロープがあったらどうでしょう。暗闇で、時には障害物にぶつかることもあるかもしれないけど進むべき道は見えています。
回りくどい例えになりましたが、マジェルカさんやムイットボンさんはそのロープ的な役割を担ってくれています。
今回のセミナーはそんなことを確信する場にもなりました。
施設側にも色んな事情があるし、進められる速度もまちまちだと思います。しかし、モノを作って売る事に関わっている以上、支援で手一杯なんてことは言ってられないのです。
施設に通所するメンバーさんがモノづくりをする限りは、その仕事の意義を、価値を見出していくことも施設職員の大事な使命なのではないかと思うわけです。
なんかよくわからないまとめになったけど、とにかく実りあるセミナーでしたし、ものづくりの視点が見えてきた気がします。
これを定着させ、実践できるようまた明日から頑張ろうと思う次第です
 

このページの先頭へ