アイディア

muito fab! モノづくりと障がい者を”治具”でつなげる

2013年11月13日


IMG_3108



Mac版rhinocerosβがリリースしているのを知って、早々ダウンロード
使ってみて1週間ほどたちましたが、誠にいい感じです。
正式リリースで本格的に導入を考えいます。
これで「モデリング>フライス」で製作という流れがMac1台で完結できます。(フライス制御はwinですが)

障害福祉支援に3dモデリングが必要なのかと疑問に思われるかもしれませんが
ムイットボンは障がい者の特性に合わせた治具を作っています。
初めは紙粘土やアクリルやスタイロフォーム板削ったりして作っていました。
手作りだと壊れたときに、作り直すのが大変なんですよ!
確実に1点ものですし

商品を作る上で治具がある・無しでは生産効率の面だけではなく、障害特性上、出来ないと思われていた作業が出来るようになったりします。
この事は当事者だけでなく施設職員さんも、どんな治具が必要なのかイメージできません。
障害福祉は生活サポートの治具の知識は豊富ですが、商品製造の治具の知識は皆無です

世の中のものづくりに目を向けると
職人さんや作家さんはだいたい自分の道具をカスタマイズしたり、治具を作っていたりします。
カスタマイズしているから作業効率が上がったり、高品質な商品を作れます。
モノづくりと障がい者を治具でつなげることがムイットボンの重要なテーマの1つです。
地味でまったくお金にならないので知られていませんが、養護学校の授業のデザインをしたときから治具を作っています。
治具は地味ですが、工賃向上のキーポイントの一つです。
障がい者の作る商品は「ユニーク、個性的」で語られる事が多いですが、それを縁の下で支えている治具の存在にも意識を向けてみるべきだと思います。

このページの先頭へ