アイディア

作業所通信

2015年2月26日

お久しぶりです。
あっという間に年を越してしまいました。
日々、活動はしているのですが、水面下で動く案件が多いのでなかなか活動報告が出来ずにいます。

さて、今日は作業所通信のはなしです。
障害福祉事業所が発行している”作業所の日常やイベントの報告、お知らせ等をのせた冊子(多いところだと月刊)”を発行しています。※以降「作業所通信」
ムイットボンは日々障害福祉事業所のお世話になっているので、方々から事業所通信を毎月いただきます。

事業所通信にテンプレートなどはないと思うのですが、皆さんだいたい同じ様な内容を冊子にのせてらっしゃいます。
そんな横並びの中、作業所通信フリークのムイットボンが毎月楽しみにしている事業所通信があります。

東京江戸川区の えどがわ悠人会さんの「遊歩道」です。
遊歩道の面白いところはズバリ!メンバーのありのままをお届け!!

例えば12月号の表紙をめくると
メンバーの詠んだ短歌が書かれています。

短日の陽を惜しみつつ くるる宵
漆黒の 夜空を照らす 冬の月
縁側で 猫を遊ばす 冬日かな
凩の 深々とふく 帰り道
威勢よき かけごえかわす 酉の市
さびしいな ひとりぼっちのクリスマス

歌を詠まれたメンバーさんの背景も気になりますが、めい一杯の冬を盛り込んでおいて、クリスマスで落とす!
メンバーの率直なさびしさへの表現が心を打ちます。

他にもメンバーさん自慢のジャンクフードレシピ
レシピを見るだけでもまずそうなのに、作ってみ本当にまずかったときなんか、面倒なときによく作って食べてんだろうな・・・
と、味以上に共感してしまいます。

メンバーさんや職員さんへのインタビューも赤裸々で読み応えたっぷりです。
メンバーさんだけでなく職員さんの人生も色々なんだな・・・・

障害福祉事業所とデザインの部分で関わらさせていただく事が多いのですが、こういった素の部分、飾らない生の所に人を引きつける魅力があると思います。

このページの先頭へ